ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです


現在地
ホーム > よく分かるコンタクトレンズ > 老眼とその矯正方法

老眼とその矯正方法

老眼(老視)はこうして起こります

人間の目は、近くを見る時、目の中の水晶体(レンズ)の厚さを自動的に調節してピントを合わせる機能を持っています。若年期では、近くを見るときに水晶体が十分にふくらみ、近くにピント(焦点)を合わせることができます。しかし、水晶体は40歳くらいから弾力性が弱くなり、調節が不足するため、近いところにピント(焦点)が合いにくくなります。これがいわゆる老眼(老視)です。

近くを見るときに水晶体が十分にふくらみ、ピント(焦点)を合わせることができます。

水晶体の弾力性が弱くなり、調節が不足するため、近いところにピント(焦点)が合いにくくなります。

こんな症状に思い当たることはありませんか

・本を読むと目が疲れやすい。 ・薄暮になると手元が見えにくい。 ・近くと遠くでピントがすぐに合いにくい。 ・ショッピングのとき、値札が少し見づらい。
「近くがみづらい」「目が疲れやすい」などの症状は、水晶体の弾力性が弱くなるために起こる症状で、40歳をすぎたあたりから誰にでも起こりうることです。

遠近両用コンタクトレンズの種類

遠近両用コンタクトレンズのレンズデザイン開発は、20年くらい前から様々な試行錯誤を繰り返し、現在に至っています。

大きく分けると、同時視タイプと交替視タイプの二つのタイプがありますが、それぞれ一長一短があります。
一般的に、同時視タイプは、遠くから近くまで広範囲に焦点が合わせられますが、解像度が劣るためコントラストが低下します。
交替視タイプは、遠近ともにシングルビジョン(通常の近視用コンタクトレンズ)に近い鮮明な像が得られますが、視軸移動への慣れが必要になります。

アイミーバイフォーカルシリーズは、グループの技術力を結集し、遠近両用コンタクトレンズに求められる「安定した視力矯正」「快適性」「安全性」を高い次元で実現しました。
アイミークリアライフ 快適な遠方視を確保しつつ、手元視力をサポートする新レンズデザインを採用アイミーバイフォーカルソフト 瞳にやさしい自然な装用感

製品取扱説明書 添付文書ダウンロード

よくあるご質問 お客さまから寄せられた、製品に関するご質問を紹介しています。

 

ページの終わりですページの先頭へ戻る